キャッシングには必ず勤務先に在籍確認があるというのが常識でしたが、中には「在籍確認なし」でカードローンの契約ができるサービスがあります。ここではその貴重な情報を公開したいと思います。

モビットの「WEB完結」

セブン銀行カードローンは凄くいいのですが、50万じゃ足りないという人の為にモビットの「WEB完結」をお勧めします。WEB完結は郵送物も電話連絡もないキャッシングサービスです。

>> モビットについて詳しくはこちら

ただ、WEB完結に申し込むには条件がありあす。

条件1. 三菱東京UFJ銀行又は三井住友銀行の銀行口座を持っている。
条件2. 社会保険(協会けんぽ)の保険証か会社の組合保険証を持っている。

この2つの条件を満たしている必要があります

国民健康保険では条件を満たさないので主に正社員として会社勤めしている人が対象になります。

正社員でも中には国民健康保険という人もいるので自分の保険証をよく確認してください。余談ですが、正社員なら本来は会社が社会保険に加入するのが義務とされています。しかし掛け金が折半になるので会社負担が大きく、それを嫌って社会保険に加入していない会社もあります。そういう会社ははやく辞めた方がいいと思います。


モビットのサイトに行ってWEBから申し込むと、審査結果はメールで連絡が来ます。電話連絡はありません。

その後、通常なら勤務先に在籍確認の電話連絡となるのですが、モビットのWEB完結であれば在籍確認の為の電話連絡がありません。ただ、勘違いしないで欲しいのは、在籍を確認していないのではなく、他の方法(銀行口座や社会保険、給与明細など)で確認をしていることになります。

さらに、モビットのWEB完結では、自宅への契約書や利用明細などの郵送物はありません。さらに、キャッシング用のカードすら発行されません。追加の借り入れはネットにログインして行います。

借り入れの受取は自分の口座に振込になります。
返済も自分の口座からの自動振替です。
だから、わざわざATMに行く必要もないのです。

口座に振込というのは以外と便利で、ネットで買い物をする場合などそのまま振込ができるので便利です。現金が必要ならATMで引き出せばいいだけです。


>> モビットについて詳しくはこちら








セブン銀行カードローン

セブン銀行は、あのセブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されているATMの銀行のことです。セブンイレブンはご存知の通り日本全国どこにでもあるコンビニです。結構田舎にもあったりします。銀行はやっぱり大手って思ってましたが、セブンイレブンなら24時間やってるし自社ATMだから手数料もかからない。そう考えるとすごい便利ですよね。自社グループに銀行があるコンビニって他にないですからね。

そんなセブン銀行がやっているカードローンが、これまた割り切ったサービスで凄いんです。

>>セブン銀行カードローンについて詳しくはこちら

それは申込みのときから凄いんです。普通申込みでは身分証明書とか必要だと思いますが、セブン銀行はそれすら必要ないんです。パソコンやスマホから申し込むだけです。後で身分証明書を送ったリFAXしたり写メしたりする必要がないのです。

その秘密は「本人限定受取郵便」(本人限定受取郵便について詳しくはこちら)。本人限定受取郵便は最寄りの郵便局に取りにいかないといけないのですが、そこで身分証明書を郵便局の人に見せます。そこで本人確認が行われるのでセブン銀行の申込み時には身分証明書が必要ないのです。これってこれまでの常識からしたら革命的なことだと思うのです。郵便局が代わりに身分証明書を確認してくれるのですから。

で、郵便局で受け取るのはセブン銀行のキャッシュカード。キャッシュカードを受け取ってからインターネットバンキングにログインしてはじめてキャッシングの申込みをします。

そう、セブン銀行カードローンはカードローン専用ではなくて普通の銀行口座の1つのサービスなのです。だからカードは普通のキャッシュカードだし誰に見られてもキャッシングしていることは分かりません。

あ、肝心の勤務先への在籍確認は、もちろんありません。

そのかわりですが、セブン銀行では最高でも50万円までの借り入れしかできません。

でも、それ以上のお金を借りる人って実際少ないみたいなので、セブン銀行カードローンはほとんどの人が「それで十分」と言えるものなんだと思います。一般の消費者金融なんかだとまじめに返済していると逆に「融資枠を広げました」なんてもっとお金借りてねって言わんばかりの対応してくるから、必要ないのに思わずお金を借りて無駄遣いしてしまうことにもなります。50万円までの融資枠はそういった借り過ぎの心配がないので特に自制の効かない人にはいいカードローンと言えると思います。

セブン銀行カードローンのいいところ
  • 銀行カードローンなので総量規制の適用外。年収の1/3以上でも申込み可能。
  • 無職の専業主婦でも申し込みできる。旦那さんの同意は必要ありません。
  • 審査結果はメールで通知されます。
  • キャッシング専用のカードは無い。
  • キャッシングの利用明細や請求書等は郵送されません(インターネットバンキングで確認)。
  • セブン銀行のATM手数料は利用時間帯・曜日にかかわらず無料
  • 金利は50万円以内の金利としては15%と低め(消費者金融に比べて)。
  • 返済は利用限度額10万円の場合は原則月々5,000円、利用限度額30万円・50万円の場合は原則月々10,000円
  • 返済はセブン銀行口座から自動引落しですが、24時間365日好きな時すきな時間に追加返済が可能。


>>セブン銀行カードローンについて詳しくはこちら










在籍確認の電話連絡は怖くない

セブン銀行やモビットのWEB完結は在籍確認の為の電話連絡がありませんが、一般的なキャッシングでは在籍確認は必ずあります。モビットもWEB完結ではない通常のカードローンでは在籍確認の電話連絡があります。

ただ、在籍確認の電話連絡をすごく気にしている人が多いのですが、電話連絡といっても「もしもし○○キャッシングです」なんて感じでは絶対にかかってきません。

「渡辺ですが、○○さんいらっしゃいますでしょうか?」っていう感じでかかってきます。

だから、他の人が電話に出てしまってもまさかキャッシングの在籍確認の連絡とは誰も思わないでしょう。
もし電話に出た人もキャッシングしたことがあるなら感づくかもしれませんが、普通は絶対に気づかれません。

ただ、最近は個人間の電話って携帯に直接かかってきますよね?だから会社に個人名でかかってくるのも何か違和感があるのも確かですね。キャバクラに名刺を置いてきてしまったら営業の電話が来たみたいな、そういう場合くらいしかありません。まぁ、これを逆に利用して「あ、それキャバクラのおネェちゃんだよ」ってごまかせるキャラを持っているならいいですが、そうじゃない人や女性だと使えませんよね。

それに、例えば外部との接点が無い仕事をしている人だったら、普通電話なんてかかってこないですよね。そんな人に電話がかかってきたら逆に怪しまれないか気になっちゃいますね。

このように、在籍確認の電話連絡は他の社員が出てもキャッシングとはバレませんが、やっぱり気になるという人は在籍確認なしのサービスが安心ということです。

それと、営業さんとか外出がちな人でも、他の社員が出て「○○はいま外出しておりますが」と答えればそれで在籍していることは分かるので在籍確認は完了です。会社のデスクで電話をじっと待ってる必要は無いのです。

それに、オペレーターに電話の掛け方を指定することも事もできます。例えば「課長の○○さんいらっしゃいますか」と役職と一緒に言ってもらうこともできます。その方が自然な人もいると思います。

あ、あとWEB完結も必要と判断されると在籍確認の電話連絡はあります。それは事前に伝えてくれると思いますが、完全に電話連絡がないということではないということを覚えておきましょう。ま、上記のとおり万が一在籍確認の電話があったからといって100%同僚にバレる心配はありませんのでご安心を。


こんな時は電話が来る!

電話連絡が無いといっても、もし申込み内容に不備があると電話が来ることがあります。これは勤務先というより本人への電話です。これは意外とあるそうなので、WEBの申込みフォームはよく確認してから送信するようにしましょう。それから身分証明書などをカメラ撮影で送信するときも光が反射して一部よく移っていないとか、手にもって撮影したら指で一部隠れてしまったとかのミスがよくあるそうです。そういう場合も書類の不備ということで電話で本人に連絡が来ることがあるので注意しましょう。



こんな時は郵送物が来る!

セブン銀行もモビットも利用明細などの郵送物がありませんが、返済が遅れた場合は別です。

返済が遅れるとまず電話連絡が来ますが、それでも連絡がつかない場合やすぐに返済がされないと、督促状が郵送で送られてくきます。

月々の返済さえ滞らなければ郵送物は来ませんから、家族にバレることはありません。

このページの先頭へ